ゼロからスタート!TOEIC受験!

英語


どうも!kengkengです!

今回は完全独学で、TOEIC受験に臨んでみた結果を皆さんにお伝えしたいと思います。

僕の独学方法でどこまで点数が上がっていくのか、個人的にオススメな勉強方法を知っていただければ幸いです。

と、その前にTOEICと言われてもよく分からない方もいらっしゃると思いますので、簡単にTOEICの概要についてお伝えしていきたいと思います。

  1. TOEICとは?
  2. TOEICの活用方法
  3. 実際に受けてみての感想
  4. 実際の試験結果
  5. オススメの教材・勉強方法は?
  6. まとめ(今後)

1.TOEICとは?

TOEICと言っても種類がいくつかありまして、僕が受けたのはTOEIC L&R Testというものです。

TOEIC L&R Test = TOEIC Listening & Reading Testを指します。

※Speaking/Writing/Bridge Test と他にもあるのですが、今回はL&Rのみの内容をお伝えさせていただきます。

上記にあげた通りTOEICには他にも種類あるのですが、世間一般でTOEICと言われれば基本的にはL&Rだという認識でよろしいかと思います。

内容は名前の通り

Listening=聞く

Reading=読む

英語を聞く力と読む力を試すテストになるわけですね。

僕の印象としては英語のコミュニケーションとして日常英会話ももちろんあるのですが、TOEICはビジネス英会話が主になってくるのかなという印象です。

テストの構成としては

  • 問題数が200問(リスニング100問・リーディング100問)
  • 試験時間2時間(リスニング45分間・リーディング75分間)
  • 試験方式 マークシート
  • 990点満点(リスニング495点・リーディング495点)

という感じになっています。

これだけ見た感じではよくある民間の試験って印象ですよね。

2.TOEICの活用方法

では、TOEICって実際どんな使い道があるのっていう話になりますね。

英語なので、単純に国外で使われるそうだなというのは容易に想像できるかとは思いますが、では具体的に点数を出してどういった場面で役に立つのでしょうか?

結論から言うと、テストの点数が企業へのアピールポイントとして使うことが出来ます。

学生であれば、就職活動に有利になり、社会人であれば、昇進や転職活動に有利になります。

では、何点取れば就職・転職・昇進に有利に働くのか?

これが絶対という訳ではないですが、一般的に

  • 学生の就職活動=600点
  • 社会人の転職・昇進=700

が目安です。

僕の点数はというと…

この後発表しますね!笑

で、僕も受ける前は少し勘違いしていたところがありまして。他にも誤解されている方もいらっしゃると思いますので、念の為お伝えしたいのですが。

英語をペラペラ話せるようになれたらカッコ良いし、色んなグローバル企業からオファーなんかきちゃうんじゃないかなと勝手に妄想を膨らませていたことがありました…笑

そんな軽い気持ちで独学で勉強をして、受けてみたは良いものの、TOEICのL&Rって基本的には名前の通り「聞く」と「読む」ことに特化した試験なので、高得点を取れるようになってもペラペラ話すようになることは出来ません。これは断言できると思います。

これ友人に言われてハッとなったのですが確かにそうで、相手が話してきたこと、書かれていることに対しての理解スピードは上がるにせよ、自分が伝えたいことや言われたことに対しての反応ってなかなか難しいんですよね。

だって、自分の口から能動的に言葉発して解くような試験ではないからです。

僕は趣味で長野のスキー場にスノーボードをしに毎年行くのですが、外国人が多く、リフト乗り場を聞かれたりするのですが、適切な返しが出来ず、何度も悔しい思いをしています。

相手の言っていることはなんとなく分かるのにそれに対しての返しが全然出来ない状態です。多分、これ結講あるあるだと思うんですけど。笑

もし受けようと思われている方でペラペラ話したいという方がいたらL&Rではなく、S&W(=Speaking&Writing)を受けることをオススメいたします。


3.実際に受けてみての感想

自分が思っていた以上に難しかったです!

色んな参考書や教材を使って問題集を解いたり、ある程度単語だったり、文法を覚えたつもりで少し自信があったのですが完敗でした!笑

何が難しいかというと自分は特にPart.6・Part.7のリーディングの長文読解が苦手だということが分かりました。

設問自体がPartごとに別れていて、リスニングはPart.1〜Part.4、リーディングはPart5〜Part.7となっています。

Part.5〜Part.7が基本的に長文を読んでの3.4つの設問から正しい答えを選ぶのですが、この長文を読むのが理解が遅くて個人的にすごく大変。

最後の15問が解けず時間切れになるという事態になってしまいました。汗

設問から何から何まで全部英語なので結講体力が必要です。

Part.6に入ったあたりから自分はもうヘトヘトで集中力が続かなかったのも原因の一つだと思います。

受ける際は長文に慣れておく必要があるので日頃から英字新聞や長文問題を重点的に解いておくと良いと思います。

全問解くのは正直結講しんどいです。

4.実際の試験結果

お待ちかねの試験結果の発表です!

ジャーン!

どうですか?びっくりしましたか?

色々思うところはあるとは思いますが。まぁ、最初はこんなもんじゃないですか?笑

おおよそですが、一日の勉強時間は1.5時間程です。

勉強の仕方にもよるのですが、社会人の独学で一日1.5時間程の勉強だとこんなくらいのスコアになります。是非、参考にしていただければと思います。

尚、1.5時間やったからと言って必ずこの点数になるかと言えばそうではないので、ご理解ください。あくまで参考までに。

勿論、同じ時間の勉強でももっと効率の良い方はハイスコアを出されていると思います。

僕は昔から勉強が大嫌いなタイプなので、今とても苦労して勉強しています。汗

点数的には990点の半分にも到達していないのでこの点数を見て、少しでも元気になってくれる方がいればそれはそれで嬉しいです!笑

5.オススメの教材・勉強方法は?

僕が実際に使っている教材はこちらになります。

  • スタディサプリENGLISH
  • 1億人の英文法
  • 英単語の語源図鑑
  • 分散学習帳

順を追って簡単に説明しますと、

スタディサプリENGLISH

TVCMでもよく見かけるかとは思いますが、RECRUIT(リクルート)が社会人・学生向けに提供しているデジタル英語学習サイトです。
日常英会話コースTOEIC L&R Test対策コースを利用することができます。
一部無料なのですが、僕の場合物足りなすぎたので、すぐ有料会員に登録しました。
毎日の学習時間が可視化され、目標設定も自身で組めるので、学習のモチベーションにも繋がるのでオススメです。

スタディサプリENGLISH

1億人の英文法

こちらの教材は結講有名で、英語の骨格となる部分を分かりやすく説明しているので使用されているユーザーは多いんじゃないかと思います。
本書では「話すため」の英文法と謳っていますが、話すことが目的じゃなくても英語の仕組みを理解するいう意味ではかなり使い道があると思いますのでオススメです。

英単語の語源図鑑

清水健二さん、すずきひろしさん、本間昭文さん著の英単語を語源に沿って効率的に覚える為の本になります。
単語は接頭辞・語源・接尾辞から構成されていて、その3つの意味を把握することで一つの単語を根本から理解することができるんです。
本書の例をお借りすると
例)attraction → 接頭辞at(〜の方へ) 語源tract(引く) 接尾辞ion(名詞を作る) → 引きつけるもの → 魅力
となるわけです。
一つの内容を完璧にマスターすると類似した単語を芋づる式に覚えられるという目から鱗状態になります!笑
初めて見た単語でもなんとなく意味が分かってしまうこともあるので、僕は重宝してます。オススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英単語の語源図鑑 [ 清水建二 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

 

楽天で購入

 

 

 

分散学習帳

メンタリストDaiGoさんとその弟の松丸亮吾さんが監修・制作をしているスマートフォン向けアプリです。
「分散学習」という科学的根拠に基づいた復習をすることで記憶に定着させてくれるアプリになります。
内容としては、自身で単語帳を作っていくようなイメージで、アラーム機能があるので、忘れないように適切なタイミングで復習出来るのがこのアプリの良いところです。
また、英単語のみならず自身で学習されていることならなんでも使えるので非常に便利です。
何よりこの天才の二人が制作されているので信頼性・信憑性は担保されているも同然ですね!笑
なんの文句もなしにオススメできます!

分散学習帳

6.まとめ(今後)

テストの結果を見ていただいた通り、僕自身まだまだ努力が足りていない状態です。

とても人には見せられるような点数ではないと自負しているのですが 笑
今回僕がこの点数を公開したのにはちゃんと理由があって、

  • この点数を見ることで不特定多数の方に自身を持ってもらうこと
  • 自身の実力を可視化し、現状を理解すること
  • 記事としてアップすることで自身の逃げ道を無くすこと


独学って基本的には一人なので、モチベーションや継続力を維持していくことって本当に大変なことだと痛感しています。セルフコントロールって難しいです。

今後も試験を受けた際にはこんな感じでアップしていきますので、応援よろしくお願いします!


では!

コメント